Tsubaki'Work Shop HOME About Produce Alubm CLUB Contact
��Ӂ@�����y��@����
 
 

琴軸の製作

 





 
     
デスクサンダーで丸材料を六角に削る冶具
平行にするため板に乗せるヤスリ板で六角成形
     
 
     
鉋で六面を凹に仕上げる
(刃が丸くなっている特殊鉋)
角上に溝を彫る《軸の中間まで》
(幅1mmの特殊鉋で加工)


 
     
AA) 角を2mm程 平らにする
BB)幅1mmの鉋で1mm程の深さの
溝を作り、その後 V字の溝を造る。

軸の六面の窪みを付けて滑らかにする鉋 >


 
     
 
     

軸頭部も窪みを付けて六面加工

 

 
     

(琴杆=棹の軸穴に合せて、軸をけずる)

 
(棹から出る軸の長さは38~39mm)
 

注)最も大切なことは、穴と軸の面で締めることで、その加工が大切。

 
     

(軸の先端に牛骨=白色を貼る)

 
(2mm厚の牛骨を貼った後、
サンダーで丸く仕上げる)
     
 
     
(先端をドリルで穴「4mm丸X10mm深さ」
を開け、接着剤を付けて棒を差し込む)
 
(棒は美観と剥離防止のため)
     

(弦止め用の穴明け加工)

軸の先端(牛骨部は除く)から6mmの所に1.5mm丸の穴をドリルで開ける。

(仕上げは、他の部材同様に№400の紙ヤスリで磨き、バフ研磨で仕上げる)

     

注)軸が棹・琴筒と平行であるか、2本の軸が正しく並んでいるかを確認。
   軸の締りがしっかりしているかを確認。演奏中に緩むことがあってはならない。



 

 

Ӂ@C@@y
 
 
Copyrightc 2007 TSUBAKI ERHUKOUBOU. All rights reserved.